ていねいな暮らし、植物のある暮らしとは

ていねいな暮らし、植物のある暮らしとは

ていねいな暮らしって、どうすればいいのって思いませんか。
フランス式アロマライフ研究会です。
今週の月曜日に体験してきたことが、ていねいな暮らしそのものでした。
しかも、フランス式アロマライフが掲げている植物との暮らしであり、香りのある暮らしでした。

アロマテラピーの教科書という書籍の著者である和田文緒先生が開催する鉱物マルシェと香りの手仕事というワークの会に参加してきました。
毎回、和田先生のこのワークに参加することが、アロマセラピストとして襟を正す時間となっています。
先生の植物への愛と来られたお客様のニーズにこたえる愛を受け取りに行く感じです。
植物への愛は、植物から生み出される精油を大切に扱うことも含まれます。

たくさんの精油、芳香蒸留水、ティンクチャ―、浸出油、そのほかの基材もテーブルいっぱい準備されています。
今回、作ったのは杏仁油を入れた美容オイルとたくさんの植物のエキスをいれた美容ジェルでした。
美容ジェル作りの時間は、至福の時になります。
ジェルと植物油、ティンクチャ―をゆっくりと混ぜていく間にやさしい気持ちになることができます。
朝ドラであんこを作る時のおまじないにも通じます。
「まざれー、まざれー」


毎日、そのオイルとジェルを使って自分をケアしています。
植物のエッセンスを取り入れることができるこの香りの手仕事もまさにフランス式アロマライフの象徴のようなワークです。


和田先生のようにとは言いませんが、フランス式アロマライフの活動として同じようなワークショップを定期的に開催をしたいと目論んでいます。
香りに包まれ、植物のエッセンスに包まれる至福の時と至福のクラフト作りをご一緒できるように企画をしていきます。

これからの季節はジェルベースも活躍してくれます。
紫外線も強くなっていますしね。
ていねいに自分をケアをすることはていねいな暮らしにつながりますね。
そこに、必ず植物がいてくれる、それも幸せです。

ハーブを種から育てることに挑戦中です

フランス式アロマライフ研究会です。
先日、ハーブの種まきをしました。
そろそろ1週間がたちます。
まだ、発芽はありません。
土の湿り具合をみて、水やりをします。

ハーブ栽培の初心者には、苗を買って育てる方法がいいと思います。
少し上級者の方には、種から育てることもお勧めです。
種から育てるのがむずかしいのは、発芽してから少し大きめの鉢に植え替えをするところでしょうか。
発芽の段階で、しっかりと根がはっていることが条件になります。
双葉から本葉になって4枚くらいの葉がでてきたら、植え替えするタイミングといえます。

何度か種から育てることにチャレンジしましたが、成功率は50%くらいになりました。
また、種を観察すると面白いです。
小さくてたくさんの種があるハーブもあれば、大きくて固い種もあります。
たくさんの種が必要な種類、大きくて数がす区内種類もあるということになります。
発芽が待ち遠しく感じます。
そして、根っこが張ってくれることを祈ります。

植物の様子から感じたこと

植物の様子から感じたこと

春を告げる植物はいろいろとあります。
球根で楽しむ植物といえば、チューリップが代表選手ですね。
これまで水耕栽培でヒヤシンスの球根を育てたことが1回だけあります。
今年は、たくさんの球根を買い求めたので、水耕栽培だけではなくプランターにも植えてみました。

窓辺に置いたヒヤシンスとムスカリ

一方、プランターに植えたヒヤシンスも元気に顔を出し、花を咲かせてくれました。
プランターがなければ、水耕栽培もありですね。
でも、土に植えたほうが植物がイキイキしているように感じます。

どちらの栽培法も正解です。
なんとなく来年はプランターや地植えで育てたいなあと感じています。
今年は、サロンシェクララにも小さなハーブガーデンを作りたいと思っています。
土に触れると元気になることがあります。
そのためのハーブガーデンが実現するといいなあと思います。

そして、土の力も感じています。
母なる大地は偉大ですね。

生き抜くために必要だったもの

生き抜くために必要だったもの

アロマセラピーを学んでいると、精油の元となるハーブや植物についても無償に知りたくなります。
精油とは、植物の二次代謝物からできています。
植物には、自分の身を守るために備わった力があり、それが二次代謝物となります。
その中には、色もふくまれて、代表的なものでいえばポリフェノールなどがあります。




本日は、小豆教室に参加してきました。
ご存知の通り、小豆は赤い色素をもっているのです。
そして、小豆の調理は3回にも及びます。

最初にあく抜きのために茹でるのですが、そのゆで汁を飲んでみました。
感想は、「苦い」「えぐい」ものでした。
小豆が生き抜くために兼ね備えた色素などは、敵を寄せ付けない味でした。
ポリフェノールって、めちゃくちゃ苦い!
たたかいの味・・・・・・


この調理法を確立した先人には、感謝ですね。
小豆には、たんぱく質、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、鉄分、亜鉛、サポニン、ポリフェノールなどが含まれています。
できれば取り入れたい食材のひとつです。

どんな暗闇にも澄んだ明るさはある

昨日、講座を終えたあとで立川に向かいました。
目的は、染色家でアーティストの柚木沙弥郎さんの展覧会に行ってきました。
会場は、フラッシュはダメですが、撮影が自由でした。

現在、99歳ですが、今も創作活動をしているそうです!
自分が知らなかっただけですが、いろいろな絵本の挿絵を描いている方です。
せんねんまんねんという絵本、ずっとみずみずしい心を持ちつづけたいすべての人向けの内容です。
今の自分に響くテーマだし、挿絵もすてきです。

「宮澤賢治の雨にも負けず」も 柚木沙弥郎 さんが挿絵を描いています。
描いた挿絵の最後に綴られた言葉が染みてきました。
どんな暗闇にも澄んだ明るさはある。
そのことに気がついたとたんに励ましの声に聞こえ、楽しく描くことができたそうです。”

染色家でもある柚木さんの作品は色も図柄もエネルギーを感じます。
染色の工程を記したノートも展示されていました。
ラフスケッチ、構図、染める順番などの手順が記されていました。
ていねいな仕事、きっちりした仕事なんですね。
準備に費やす綿密な時間、それを楽しみながら作品を作る、単にエネルギーだけで作り上げているわけではない。
今を生きる背中を見せてもらうことができました。

柚木さんが宮澤賢治の作品に励まされたように、私も柚木さんの仕事に励まされました。