ミネラルたっぷりのハチミツを生活に取り入れる

ミネラルたっぷりのハチミツを生活に取り入れる

フランス式アロマライフ研究会のたかしまもとこです。

本日は、地元国分寺で開催された美容講座に参加してきました。

はっぱの裏側さん主催のカフェスローギャラリーでの【暮らしに植物の恵を】

本日は、北海道石狩でハーブ&ハチミツを手掛けるLa Table Verteの尾形優子さんが上京されました。

春の木の花や草花の香りあふれるとれたてのハチミツやハーブティ、ドライハーブも販売されていました。

そして、ハチミツ美容講座が開催されました。

北海道石狩での養蜂について、詳しく説明をしていただいたり、ミツバチの生態をうかがったりして

かなりミツバチの存在に親近感がわきました。

フランスでは、ハチミツはよく食べます。北海道での採蜜についてお話をうかがいました。

ミツバチの越冬の様子は寒い中で消耗しないようにおしくらまんじゅうをしながら寒さをしのいでいるようです。

3月からの蜜源となる植物の種類や3月から9月までの約7か月で採蜜をすること、自然ありきが大前提なんですね。

ミツバチが好む植物、花は、シソ科・キク科・マメ科そしてバラ科だそうです。

ミツバチは花の蜜を吸ったり花粉を集めたり、身体にためて巣にもどります。

その間は自分の胃袋の酵素を混ぜたものを持ち帰り、巣で留守番をする仲間に口移しをして渡しているそうです。

私たちが恩恵にあずかるハチミツは、ミツバチの体内を通すことで唾液酵素と混ざり合ったものがハチミツになっています。

フランスでは、花別のハチミツを売っています。

ラベンダーはよく見かけますが、珍しいヒースのハチミツなども売られています。

ただ、La Table Verteの場合は、花別ではなく、季節の移り変わりによってハチミツの名前で区別をしているそうです。

 

この後、ハチミツが持つ力をお聞きして、植物が持っている作用も含まれていることを実感しました。

抗菌作用、殺菌作用、抗酸化作用、漂白作用などもあるそうです。

これだけ聞いても、植物の作用と同じですよね。

美容効果としては、保水力と吸水力でお肌の潤いを保つことに役立つそうで、実際にハチミツパックを体験しました。

まずは体験前の手の甲です。⇩

ハチミツとハマナスの蒸留水をまぜたパック剤をコットンに含ませてパック中。⇩

10分くらい置いてから⇩

ちょっとみ白くなっています!

くすみのもとである古い角質を落とすのにも良いし、そのためにワントーンお肌が明るくなるそうです。

今夜から、入浴時にハチミツパックを試してみたいと思います。

ミツバチが体を張って採蜜してくれるハチミツ、ミネラルも豊富、食べ続けると腸内フローラも整うとか、

ますますハチミツのファンになりました。

La Table Vertについて、☟

https://www.facebook.com/LaTableVert/

フランス料理の箸休めとは

フランス料理の箸休めとは

60歳からのフランス式アロマライフ研究会のたかしまもとこです。

今日は、超有名なフレンチレストランで働いていたシェフのいるカフェに行ってきました。

キッシュプレートをいただいたあとにスペシャルスイーツをいただき、これで締めかなあと思っていたら

箸休めが出てきました。

フランス料理の箸休め、ご存知ですか。

「グラニテ」といいます。

ようはかき氷とでもいいましょうか。

シャーベットでもなく、ソルベでもなく、グラニテ。

20代のころ、家族とフランスに旅行に行きました。

家族がお世話になっていた男性にレストランに連れて行ってもらった思い出があります。

セーヌ川と道路を挟んだレストランは、天井に絵画があるようなシックな場所でした。

何を注文したのか覚えていませんが、前菜とスープとパンでお腹がいっぱいになってしまいました。

次に、箸休めを頼もうと言われ、メニューを聴いて決めたのが「レモンのグラニテ」でした。

お腹がいっぱいですが、メインディッシュをいただきたかったので、お腹をスッキリさせたいために

レモンを選びました。

誘ってくださった方からは「いい選択だね」と褒められました。

確かにシャーベットやソルベのように甘さはないのがグラニテ。

今日のグラニテは柑橘の果汁をそのまま氷らせたものでした。

ひとくち、口に含めばすーっとします。

最後に焼き菓子としてクッキーをいただきました。

パリの思い出がよみがえる一品でした。

フランス北西部の郷土料理、そば粉のガレット

フランス北西部の郷土料理、そば粉のガレット

フランス式アロマライフ研究会のたかしまもとこです。

今日は、グルメ通の友人の誘いでガレットを食べに行ってきました。

ガレットとは、フランス北西部の郷土料理や菓子を刺します。まるく薄いものを指します。

フランスでは、ガレット・ブルトンヌと言われ、フランス北西部のブルターニュ地方発送の蕎麦で作られるガレットを指し、ブルターニュ風ガレットとも言います。小麦粉で作られるクレープのもとになったともいわれています。

そば粉・水・塩を混ぜて寝かせた記事を、熱したガレット専用の鉄板に注ぎ、こてなどでまるく薄く伸ばして、正方形に折りたたみ、完成となります。

クレープのように両面を焼くことなく、片面だけを焼きます。具としては、生ハムなどの肉類、魚介類、卵、サラダ、チーズはおろし金で卸して使いますが、グリュイエールやゴーダなど多いようです、

もっとも有名なのが、エメンタールチーズ、生ハム、卵を置いたガレット・コンプレットです。

カリッと焼いたそば粉のガレットは香ばしくて歯ごたえのあるものです。

ブルターニュ地方は雨が多いため、小麦栽培には向かず、十字軍遠征の折に、中国からイスラム圏に伝わったものがヨーロッパに伝えられたと言います。

 

ハーブを取り入れて、ていねいに作るご飯は幸せの素

ハーブを取り入れて、ていねいに作るご飯は幸せの素

フランス式アロマライフ研究会のたかしまもとこです。

昨日は、ハーブを学ぶメンバーと修了式に臨みました。

各自が考えたハーブレシピを持ちより、作り方をお互いに教えあいながらの試食会でした。

 

私のレシピのひとつがハーブライスでした。ナッツやケッパーなどを炊き込み、最後にフレッシュハーブを混ぜます。

このご飯には、隠し味があります。スープストックを取ってそれでご飯を炊き込むというひと手間をかけています。

久しぶりに作ったスープストック、ブーケガルニ、そして野菜の皮などを入れてじっくりコトコト1時間半はかけます。

今回のブーケガルニは、セロリ、タイム、セージ、ローズマリー、イタリアンパセリの茎、そして月桂樹をタコ糸で結んだものです。

途中であくをすくいながら、コトコト煮出しました。

この時の香りが、何とも言えないほどの幸せな香りでした。ブーケガルニとチキンスープが混ざり合った香り。

ゆっくりていねいにスープストックを作ることができて、幸わせだと感じました。

何をどれだけたくさん食べるかもいいですが、ていねいに作るご飯には今が一番幸せと思える理由だと思いました。

このようなレシピもフランス式アロマライフ研究会の中でお伝えしていきたいと思います。

※スープストック

鶏ガラで作るのがスープストックですが、手軽に作るには手羽元でも十分美味しいスープストックができます。

まずは中くらいの鍋にお水800ccほど入れて、水から手羽元茹でます。手羽元はよく水洗いをしあmす。

沸騰したら、一回そのお湯は捨ててさらに手羽元を水で洗います。

再び鍋に水800ccと手羽元、ブーケガルニ、野菜の皮などをいれて中火で煮ます。

沸騰したら、弱火にして1時間ほど煮ればスープストックが出来上がります。途中であくを取りながら気長に作りましょう。

本日、研究会主催のプロムナード活動報告

事前にご案内したとおり、フランス式アロマライフ研究会主催の

プロムナード活動を実施しました。

三菱一号館美術館で開催中の、ショーメ時空を超える宝飾芸術の世界展を

観てきました。

※この美術館は赤レンガが魅力的です。

 

たいへん混雑していました!チケットを買うのに長蛇の列でしたが、じっと耐えて中に入りました。

 

※中庭に向かう前にミストがでていました。

 

ショーメの宝飾は、ナポレオンが統治していた頃に、権力に応じて宝飾品を作らせたことで、職人の技も磨かれてきたのです。

デザインには、植物・昆虫がたくさんモチーフとしてデザイン化されていました。

職人たちのデッサンの力と宝飾に仕上げる力量は素晴らしいと思います。

会場は、若い女性から妙齢の女性まで、埋め尽くされていました。

 

※会場を出ると庭がフランス風でした。

モチーフが月桂樹の絵葉書を購入しました。

午前中に、月桂樹をいただきましたので、リスペクトを込めて!

見終わった後に、会場内のカフェで休もうと思いましたが、

また長蛇の列だったので、断念しました。

その代わり、東京ステーションホテルの虎屋カフェに立ち寄りました。

5分ほどで中に入れいました。

明日だったら、生菓子「重陽」をいただけましたが、今日は重陽の酒という

練り切りをいただきました。

また、このようなプロムナード活動を企画いたしますね。